【いってきた】「イバフォルニア・ミニマーケット」の雰囲気がいい感じだった件

イバフォルニア2 周辺イベント
Sponsored Links

ども、ヒゲキオです。

先日、国営ひたち海浜公園の近く、阿字ヶ浦海岸で行われたイベント「イバフォルニア・ミニマーケット」に参加してきました!

大人と子供、若者からお年寄り、そして日本人だけでなく外国人の方も参加する、雰囲気いい感じのイベントでした。

イバフォルニアって?

茨城の海岸を、カリフォルニアのような自由で幸せ溢れる海岸へ

という思いを込めてスタートしたのが「イバフォルニア・プロジェクト」です。

Home | Ibafornia project
100年先も豊かに暮らせる海(街)をつくる。. 日本の海辺と言えば、夏は海水浴客で賑わい、春秋冬はガラガラ、本来の海での過ごし方は、もっと自由であるはずだ。 . ランニングに汗を流す人もいれば、木陰で寝そべりながら読書をする人もいる、ピクニックをする親子もいれば、犬と一緒に散歩する老夫婦もいる。夕暮れ時にはどこからか楽...
ヒゲキオ
ヒゲキオ

このHPを開くとバックで流れるドローン映像、かっちょいい。

このプロジェクト自体は、2018年からスタートしており、これまでにも数々のイベントが開かれています。

私は今回初めてイベントに参加してきました!

イバフォルニア・プロジェクト 阿字ヶ浦チーム
イバフォルニア・プロジェクト 阿字ヶ浦チーム、ひたちなか市 - 「いいね!」2,193件 · 2人が話題にしています - 茨城×カリフォルニア=イバフォルニア  茨城の海岸を、カリフォルニアの海のように明るく自由で開放的な空間へ生まれ変わらせ、新しい海岸文化を創造する。

まずは、エコフェスあじがうらに参加

エコフェスあじがうら - お知らせ | Ibafornia project
eco fes. Ajigaura. イバフォルニア・プロジェクトでは、2020年、新たな取り組みを始めます。 100年後も豊かな海を残すことをミッションとして、定期的にビーチクリーンを行います。 その名も「AJI-LOVE clean」 このビーチクリーンを核に、「eco fes. Ajigaura」と言う新たなイベ...

受付を済ませ、デザインされたゴミ袋を片手に、まずは海岸のゴミ拾いをします。

eco fes. Ajigauraのメインイベント「ビーチクリーン」です。

参加費は1人500円でした。

あと、受付でシャレオツなリストバンドをもらえます。このリストバンドを見せれば、出店しているお店ごとにユニークな特典(オマケ)を貰える!って仕組みです。

こんな感じで、みんなで海岸のゴミを拾います。

ヒゲキオ
ヒゲキオ

遠目から見るとゴミがあまり無いように見えますが、ゴミ袋片手に歩くと結構ゴミがあることに気づきます。特に釣り関係のゴミが多い!

30分ほど歩くと、袋もいっぱいになります。

こんな感じ。これは私だけじゃなく、みんなで拾ったゴミです!笑

ゴミ拾いの後には、拾ったゴミを「面白く積み上げる」コンテスト、”ゴミコン”も実施とありました。最後までいれなかったので、参加できず。。。

会場の雰囲気

めっちゃハッピーな空間です!

こちらは、クレープリーtoitoitoiさん。行列ができるほど大盛況でした!

こちらは「SWEET JOKERS CAFE」さんのキッチンカー。ホットワイン、めっちゃ暖まりました。

まとめ

ってなわけで。イバフォルニア・マーケットに参加してきました。

冬の海岸なので、寒いかなーと思いましたが、予想通り寒かったです。

でも、ゴミ拾いすると体は温まるし、「こんなゴミ落ちてるんだなー」という気づきもありました。

いい雰囲気の、ほっこりするイベントでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました